ご挨拶


ご挨拶

うつの予防や、不眠や不安の改善には幸福感の構築が必要です。ハッピープログラムは心理的幸福感の構築を目的として、これまで介護予防事業の一環のうつ予防サービスとしていくつかの自治体で実施し、効果が認められてきました。現在、勤労者にもそのプログラムを応用し、効果についての検討を行っています。


兪 今(ユ キン・YUJIN 主任研究員・医学博士)

中国延辺医学院医学部卒、琉球大学大学院医学研究科修了。(財)長寿科学振興財団リサーチレジデント、沖縄国際大学研究員、桜美林大学加齢発達研究所研究員、東京都老人総合研究所研究員を経て、2009年より現職。

論文や書籍

♦荒居和子、兪今、長田久雄:傾聴ボランティア活動に関連する社会的要因.応用老年学会 誌, 2009;3(1):45-53.


♦吉江妙実、兪今、長田久雄:高齢領域における音楽療法士の精神的自立性と他職種との連 携 の関連.応用老年学会誌,2010;4(1):51-59.


♦安順姫、芳賀博、兪今:介護予防ボランティア登録者の活動への参加頻度に関連する要因 老年学雑誌2011;2:1-13.


主な共著:「男性百歳の研究」、「精神障害の予防をめぐる最近の進歩」

競争的資金の採択実績

♦平成27年科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)・2015年度~2017年度・地域在 住高齢者の社会的孤立に対する支援構築に向けた実証研究(研究分担者)

♦平成24年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)・2012年度~2014年度・高齢 者齢者のうつ予防のためのポピュレーションアプローチの実証研究(研究代表者)

♦平成23年度 財団法人 総合健康推進財団 高齢者の身体活動量を促進する地域環境要因に 関する研究(研究分担者)

受賞歴

♦Poster award(The 7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology) 2003.11

♦第68回日本公衆衛生学会総会 優秀演題賞「5年間の追跡調査による地域高齢者の
 抑うつ状態の発症および持続要因」2009.10